バナー
本文へジャンプ 2006年8月10日 

街の中の温度を調べる体験型学習会を行いました。
小学生や園児など親子16名に参加していただきました。


室内での講座。その後、街に温度探検に出かけました。
まずは自分の手を温度計にしてみよう。 手で触って温度を予想してみよう。 実際に温度を測定。放射温度計を使いました。



何度くらいあったかな?
車のボンネットは50℃以上!!。 黒っぽい車より、白っぽい車は温度が低かった。 緑や水は温度が低く、木陰は涼しいね。

温度計を持って、太陽が照りつける夏日のまち中に飛びだしてみました。
道路やマンホール、車のボンネットなどは熱くなってジリジリ
測定してみると・・・
日向の道路やマンホールは50度〜60度、黒い車のボンネットは最高値73度!!もありました。
ボンネットで目玉焼きができそうでした・・・

学校の水や木がある場所でも測定をしてみました。
木陰の地面は20度〜30度、一番低かった学校の地下水は3度でした。
とても涼しい〜
まちの中でも小さな川や木があるだけで過ごしやすくなるんですね。

子供達はいろんなものを見つけて測定をして、驚いたり、感心したりしていました。みんな、どんなことを感じてくれたのでしょうか。